/

凸版印刷、中国の書籍印刷子会社を売却 300億円

凸版印刷は26日、中国で書籍や雑誌の印刷を手がける子会社を現地の同業に売却すると発表した。10月にトッパンリーフォンプリンティング(深圳市)の全株式を約300億円で譲渡する。中国国内の出版社向けに印刷をしてきたが「出版物市場が伸び悩んでいるため売却を決めた」という。売却で得た資金はネット関連など成長を見込む分野に投じ、事業の選択と集中を進める。

売却する印刷会社は凸版印刷が2008年に買収したシンガポール印刷大手SNPの系列。15年12月期の売上高は約60億円で14年同期比で1割減っている。中国における出版印刷は今後、北京など他の拠点で続ける。

凸版印刷の16年3月期の中国を中心としたアジア地域における売上高は1568億円。電子材料や出版印刷が伸び悩み前期比2割減少した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン