GE、日本で火力発電所 東洋エンジと建設
IoT使い低コスト管理

2017/2/3 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米ゼネラル・エレクトリック(GE)が日本で大型火力発電所の建設に参入する。東洋エンジニアリングと組み、全国の電力大手や新規参入の発電会社からの受注をめざす。電力自由化による競争激化で効率の良い発電プラントは、商機が広がると判断した。世界最大手のガスタービン技術と発電機器をネットで監視して低コストで管理するIoTの手法を生かす。日本メーカーが独占していた市場の競争の構図が変わりそうだ。

GEが狙う…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]