/

この記事は会員限定です

「東芝、事業の整理必要」 次期社外取締役の小林氏

[有料会員限定]

9月に東芝の社外取締役に就任する三菱ケミカルホールディングスの小林喜光会長は26日、日本経済新聞の取材に応じ不適切会計の原因の一つに「利益の出ない事業を無理に続けようとしたことにある」と指摘した。再生には「事業の整理が必要」とリストラを促し、法令順守の徹底と閉塞感のある企業文化の改革に取り組むとした。主なやり取りは以下の通り。

――東芝の不適切会計の原因をどうみますか。

「東芝は2003年にいち早...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り580文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン