2018年11月18日(日)

ビックカメラ、課長級以上にストックオプション 業績連動報酬

2015/11/26 19:37
保存
共有
印刷
その他

家電量販店のビックカメラは26日、業績連動型の報酬として課長級以上を対象にストックオプション(株式購入権)を導入すると発表した。全社の業績目標を達成すれば、自社株を1株1円で購入できる権利を与える。従業員のやる気を引き出し、中長期な企業価値の向上につなげる。ストックオプションは役員報酬では一般的だが、課長級まで対象を広げるのは珍しいという。

課長から執行役員の約130人を対象に2016年8月期から導入する。ビックカメラは業績目標を達成した年は10月に決算賞与を支給している。この決算賞与をストックオプションに置き換える。

ストックオプションの付与から3年間は権利を行使できず、優秀な人材の離職を防ぐ効果も見込む。同社は同時に取締役にも退任時にだけ権利行使を認めるストックオプションを導入する。

ストックオプションはあらかじめ決めた価格(権利行使価格)で自社株を購入できる権利を与える仕組み。従業員は株価と権利行使価格の差が利益となる。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報