/

この記事は会員限定です

フジテレビ亀山社長「責任を取って退任」 最後の会見

[有料会員限定]

フジテレビジョンの亀山千広社長は26日、社長として最後となる定例会見を開いた。在任期間について「視聴率の回復を託されながら、回復の道筋がつくれないまま業績が落ち込んだ」とし、「私が責任をとって退任する」と語った。

亀山社長は名プロデューサーとして知られ、「ロングバケーション」や「踊る大捜査線」などフジテレビ黄金期の人気ドラマを手掛けた。経営だけでなく番組についても幅広く語ることができる名物社長のお...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り402文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン