ヤマトが受託製造参入 3D印刷活用、まず医療関連製品

2017/1/27 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ヤマトホールディングス(HD)は受託製造に参入する。物流拠点に高性能3Dプリンターを設置し、造り上げた受注製品を宅配便で配送する。発注から納品までの期間は既存の半分程度になる。日本通運も受託製造仲介のカブク(東京・新宿)と組み、物流拠点に3Dプリンター設置を検討する。技術革新を背景にサービス業の製造分野進出が本格化してきた。

ヤマトHDは大型物流拠点「羽田クロノゲート」(東京・大田)に航空宇宙や…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]