2019年3月21日(木)

ウーバー、富山県南砺市で配車実験検討 協定を締結

2016/2/26 19:28
保存
共有
印刷
その他

配車サービスの米ウーバーテクノロジーズの日本法人(東京・渋谷)と富山県南砺市は26日、一般のドライバーが乗客を運ぶライドシェアの実験に向けた調査・研究に共同で取り組む協定を締結したと発表した。タクシー事業者がウーバーのサービスを使い、同市内の過疎地や観光地で効率的に配車する方法も検討する。

南砺市は高齢化や過疎化が進むなか、公共交通機関にとどまらない住民の移動手段の確保が課題となっている。両者は今後、地元企業や国土交通省、住民とサービスの実現性を探る。市民が自家用車を使う無償の送迎サービスについても検討する。

ウーバーは運転手と車に乗りたい利用者を専用アプリで結ぶサービスなどを世界で展開している。乗車後に運転手と客が互いの態度などを評価し、蓄積された評価をもとに車や乗客を選べる仕組みが特徴だ。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報