/

この記事は会員限定です

ソフトバンク 留守預かる「都合いい男」(ルポ迫真)

[有料会員限定]

チーム名は「トップガン」。ソフトバンクグループの電波改善部隊が今夏、全国に散った。手には弁当箱サイズの端末を持つ。利用者のスマートフォン(スマホ)から位置情報や接続情報を集めビッグデータ解析し、電波がつながりにくい場所を割り出す。どの基地局からどんな強さの電波が届いているかを確かめ改善する地道な作業だ。

2006年に英ボーダフォン日本法人を買収し携帯電話に参入した当時、ソフトバンクのイメージは「つながりにくい」だった...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り733文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン