/

パソコン出荷台数6月2.3%増 個人向けデスクトップ伸びる

■電子情報技術産業協会(JEITA) 6月の国内パソコン出荷台数は前年同月比2.3%増の64万台だったと26日発表した。出荷額は9.1%増の585億円だった。台数・金額ともに4カ月ぶりに前年実績を上回った。個人の買い替え需要などで店頭でデスクトップ型パソコンの販売が伸びた。

個人向けパソコンでは高精細な液晶一体型で動画の編集機能を高めたり、音響効果が高いスピーカーを搭載したりした高機能モデルが相次ぎ発売されている。2017年度第1四半期(4~6月)では出荷台数が前年同期比1.3%減の151万台、出荷金額は3.3%増の1438億円だった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン