/

この記事は会員限定です

原油安から3年、エネ業界の変遷 欧米が集約・中国は沈黙

[有料会員限定]

石油輸出国機構(OPEC)は25日に開いた総会で、原油の協調減産を来年3月まで9カ月延長することを決めた。もっとも市場は織り込み済みで原油先物相場は下げた。原油安に突入する直前の3年前と比べ半値の水準だ。原油安は経済・産業への影響も大きい。日本企業は主役になれなかったが、世界では1兆円を超える大型のM&A(合併・買収)が頻発。強い石油会社はより強くなった。3年で変わった業界の景色を振り返ってみよう...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1579文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン