/

この記事は会員限定です

シャープ、ドバイでイチゴ工場 光・空気制御で糖分高める

[有料会員限定]

シャープは糖分の高いイチゴを栽培できる植物工場を2016年度下期からアラブ首長国連邦(UAE)のドバイで事業化する。糖分が増えるように光や空気の環境を制御する独自技術を使う。イチゴの人気が高い現地の食品スーパーやホテル、飲食店のほか富裕層にも売り込む。同社として農業関連の初の事業化となる。

植物工場では光合成に適した波長の発光ダイオード(LED)照明をあてて生育を促す。イチゴは病気にかかりやすい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り222文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません