8Kケーブルを19年度事業化 日東電工が参入発表

2017/9/26 20:20
共有
保存
印刷
その他

 日東電工は26日、光ケーブル事業に参入すると発表した。プラスチック製の光ファイバーを使って医療現場や家庭内で高精細な「8K」映像を伝送可能にする。2019年度に事業化し、23年度に1000億円以上の事業規模をめざす。

 慶応大学の小池康博教授らが開発したプラスチック製の光ファイバーを実用化する。現在のフルハイビジョンの16倍の精細さを持つ8K映像を、軽く細いケーブルで伝送できるようにする。自動車や航空機内での利用も想定する。これまで長距離の高速通信ではガラス製光ファイバーのケーブルが使われてきたが、数十センチメートルから数十メートルの高速通信に適した光ケーブルがなかった。

 10月に設置する共同研究拠点で材料や構造の改良を進め、並行して量産技術を確立する。日東電工は国内に製造拠点を設置し、19年度に量産を始める計画。液晶パネル向け光学フィルムなどで培った製造技術を応用していく。都内で開催した記者会見に臨んだ日東電工の高崎秀雄社長は「近い将来に会社を支える存在になる可能性を秘めた事業。大事に育てていく」と述べた。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:00
2:00
東北 19日 21:00
19日 21:00
関東 2:00
2:00
東京 19日 22:00
19日 22:00
信越 2:00
2:00
東海 2:15
2:00
北陸 2:00
2:00
関西 2:00
2:00
中国 2:00
2:00
四国 2:00
1:30
九州
沖縄
2:00
19日 22:15

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報