タカラトミー、浮上走行する鉄道玩具発売 磁石を利用

2015/5/26付
保存
共有
印刷
その他

タカラトミーは26日、リニアモーターカーのように車両が浮いて走る鉄道玩具を9月に発売すると発表した。車両とレールの磁石同士の反発で約2ミリメートル浮上する。レールと接触しないため、従来の鉄道玩具より速く静かに進む。同社によると磁力で浮上走行する玩具は世界初だという。

「リニアライナー 超電導リニアL0系スペシャルセット」を発売する。車両は東海旅客鉄道の超電導リニア車両「L0系」をモチーフにしたデザインになっている。

価格は税別3万5千円。速度感知センサーや音声アナウンス機能を備えた駅などとセットで販売する。シニア層などの購入も見込んでおり、シリーズで年2万個の販売をめざす。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]