/

スカイマーク最大債権者、7月中旬に債権者向け説明会

民事再生手続き中のスカイマークの最大債権者で、独自の再生計画案を策定中の米リース会社、イントレピッド・アビエーションは26日、7月中旬に債権者向けの説明会を開くと発表した。同社はスカイマーク再生で連携するスポンサーについて複数の航空会社と協議中としてきたが、同日出したコメントでは「国際的な一流の航空会社2社」に絞り込んだことも明らかにした。

スカイマークの再生計画をめぐっては、ANAホールディングスの支援を盛り込んだスカイマーク案と、ANAの支援に反対するイントレピッドの対抗案の2つが8月5日に開かれる債権者集会に付議される異例の展開になっている。イントレピッドは債権者らに自社の再生案を直接説明する機会を設けることで、成立に必要な支持を集めたい考えだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン