/

この記事は会員限定です

米系製薬、明治の「イソジン類似品」販売差し止め請求へ

[有料会員限定]

うがい薬「イソジン」の販売権の移管をめぐり、開発元の米系製薬会社ムンディファーマ(東京・港)は26日にも明治ホールディングス傘下の明治が類似した製品の販売を計画しているとして、販売差し止めを求める仮処分を東京地裁に申し立てる。明治側は今月9日、明治が版権を持つカバのキャラクターに似たキャラクターをムンディが使おうとしているとして、使用差し止めを申し立てていた。

イソジンは明治側が50年以上、独占的...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り220文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン