2019年9月17日(火)

スカイマーク最大債権者、ANAによる支援に反対

2015/5/26付
保存
共有
印刷
その他

民事再生手続き中のスカイマークが策定している再生計画案をめぐり、同社の最大債権者である米リース会社がANAホールディングスによる支援に反対する意向を関係者に伝えたことが26日、明らかになった。再生計画案の承認には債権者による投票で一定の条件を満たす必要があり、同案の成否に影響を与える可能性もある。

ANAの支援に反対しているのはイントレピッド・アビエーション。欧州エアバス製中型機「A330」7機のリース契約をスカイマークと結んでいた。同社はスカイマークに対する債権が約1040億円に上ると東京地裁に届け出ており、届け出のあった債権総額(約3200億円)の3分の1を占めている。

スカイマークは投資ファンドのインテグラル(東京・千代田)が50.1%、ANAと金融機関が計49.9%を出資して共同で再生を支援することで基本合意している。今月29日までに再生計画案を東京地裁に提出し、7月ごろに債権者集会を開く予定だ。再生計画案を可決するには(1)総債権額の2分の1以上の同意(2)投票した債権者の頭数の過半数の同意――を同時に満たす必要がある。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。