/

東芝に119億円賠償請求 会計不祥事で損害

日本トラスティ信託銀

東芝は26日、会計不祥事で損害を受けたとして日本トラスティ・サービス信託銀行から119億9261万円の損害賠償を求める訴訟が東京地裁に提起されたと発表した。想定される賠償額に応じた引当金を計上する予定で、業績予想に修正が必要になれば開示するとしている。

訴えは9日付けで東京地裁に起こされ、25日に東芝に訴状が届いたという。今後は訴訟の進行を踏まえ、請求額が引き上げられる可能性があるという。

東芝は会計不祥事に絡み、今回の件を除き、法人・個人合わせて11件の損害賠償請求を受けている。求められている損害賠償額は合計で約27億8300万円。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン