/

7月の白物家電国内出荷15.9%減 天候不順響く

日本電機工業会(JEMA)が26日に発表したエアコンや冷蔵庫など白物家電の7月の国内出荷額は前年同月比15.9%減の2261億2200万円で、3カ月連続のマイナスとなった。前年同月比でマイナス幅が15%を超えるのは2011年11月(16.1%減)以来2年8カ月ぶり。エアコンが17.4%減の1075億1400万円と、夏場に売れる製品が天候不順などで落ち込んだのが響いた。

JEMAは「猛暑が長く続かず、天候不順が頻発した。消費増税の反動減も出ており、出荷を押し下げている」と指摘している。11年11月は、前年に家電エコポイント制度による特需があり、その反動で前年を大きく下回った。

エアコンは3カ月連続のマイナス。出荷額の5割を占めるエアコンの販売不振が全体を押し下げた。冷蔵庫は21.6%減の431億1900万円と2カ月連続で前年実績を下回った。401リットル以上の大型冷蔵庫は26.1%減の317億2100万円で、高額商品の出荷が特に減速している。洗濯機は14.1%減の204億100万円で2カ月連続のマイナスだった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン