/

この記事は会員限定です

ワークマン、社員の平均年収100万円引き上げ 20年に

[有料会員限定]

作業服チェーンのワークマンは社員の年収引き上げに取り組む。2020年3月期にかけて社員の平均年収を約100万円上げる計画。業績が好調なことに加え、安倍晋三政権の公約である法人実効税率の引き下げを前提に待遇を改善する。

同社の平均年収は約600万円(36.4歳)。全社員246人のうち役員らを除く227人を対象にする。ボーナスと合わせて平均年収を年3%程度増やしてい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り183文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン