出版6社、発売後一定期間で値下げ アマゾンと組む

2015/6/26付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

インターネット通販大手のアマゾンジャパン(東京・目黒)とダイヤモンド社(東京・渋谷)など中堅出版社6社は26日から、発売から一定期間がたった書籍の値下げ販売を始める。まず約110タイトルをアマゾンのサイトで定価から2割下げる。低価格で集客したいアマゾンと、返品を減らしたい出版社の思惑が一致した。

ダイヤモンド社のほか、インプレス(東京・千代田)、主婦の友社(東京・文京)、翔泳社(東京・新宿)、サ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

訂正>26日2時に掲載した「出版6社、発売後一定期間で値下げ」の記事で「アマゾンと出版社の間で『時限再販』と呼ぶ契約をして、対象書籍を一定期間後に再販制度の枠組みから外すことで値引きできるようにする」とあったのは「アマゾンと出版社の合意に基づき値引きできるようにする」の誤りでした。(2015/9/10 12:00)

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]