全日空、350便欠航へ B787エンジンに問題
想定より耐久性低い部品

2016/8/25 23:23
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

全日本空輸は25日、米ボーイングの最新鋭中大型機「B787」に搭載している英ロールス・ロイス社製のエンジンに不具合が発覚し、集中的に改修するため26日から国内線の一部を長期間欠航すると発表した。エンジン内部にメーカーの想定よりも耐久性が低い部品があった。26日に羽田―福岡など合計9便を欠航、少なくとも9月末までに350便の欠航が生じる見込み。国際線には影響を及ぼさない。

B787に搭載しているエ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]