/

NHKの上田新会長が就任 「不偏不党の立場貫く」

NHKの常勤の経営委員だった上田良一氏が25日、NHKの新会長に就いた。籾井勝人・前会長の時代には、NHKと政治との関係性を巡って、たびたび議論になったが、上田氏は同日開いた就任記者会見で「公共放送としてどうしても譲れないのは、自主自立の立場から公平・公正、不偏不党の立場を貫くこと」と語り、政治と適切な距離を保つ考えを示した。

受信料制度の見直しについては2018年度から始まる3カ年の経営計画の策定と合わせて検討する考え。総務省の検討会ではNHKのテレビ番組のインターネットでの常時同時配信についても議論が進む。上田氏は放送法の改正が必要であることを踏まえて「国民的な議論が十分に行われて、視聴者の理解を得ることがなによりも重要で大前提になる」という認識を示した。

経営・監査委員として全国に53あるすべての放送局や海外総支局などに自ら足を運んだ経験から「公共放送の業務遂行の最高責任者に就任したまさにその瞬間から全力疾走できる」と述べた。

上田氏は24日に任期満了を迎えた籾井前会長の後任。三菱商事の元副社長で13年からNHKで常勤の経営委員を務めていた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン