/

ゼンリン、ドローン向け地図 飛行禁止区域など提供

ゼンリンは25日、小型無人機(ドローン)の飛行禁止区域などの地図情報をインターネットで提供するサービスを始めたと発表した。ドローンの普及団体である日本UAS産業振興協議会(東京・千代田)などと組んで、有料で飛行計画から申請までの事前作業を省力化できる機能も備えた。

新サービス「SoraPass」(ソラパス)はゼンリンと同協議会、ドローン関連サービスを手掛けるブルーイノベーション(東京・千代田)が提供する。会員登録すると、航空法で定められた飛行禁止区域の地図情報を無料閲覧できる。

飛行許可が必要な区域を飛ばす場合、国土交通省などへの許可申請書類を1回6480円で作成できる機能も用意した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン