/

JXエネ、第1号スタンド開設 水素1キログラム1000円で販売

JX日鉱日石エネルギーは25日、神奈川県海老名市で同社初の水素スタンドを開設したと発表した。販売価格は1キログラム1000円。トヨタ自動車の燃料電池車(FCV)「ミライ」の場合、水素5キログラムで700キロメートル走行できるとされている。2014年度中に首都圏中心に23カ所、15年度末までに40カ所を整備する。

店舗型スタンドは14年度中に東京や神奈川など関東4県での9カ所を含め全国に計13カ所を整備する。このうち3カ所は水素専用スタンドで、残りは既存ガソリンスタンドに併設する。さらに移動式も10カ所開く。

岩谷産業が2カ所開設しているスタンドでは1キログラム1100円で販売しており、JXエネはそれを下回る価格で販売する。現在は採算割れだが、JXエネでは1スタンドあたり2000台程度のFCVが定期利用する状況になれば、今後の製造や輸送などでの技術開発と合わせて採算が取れるとみている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン