/

この記事は会員限定です

三菱電機、ミャンマーの変圧器最大手と技術提携 量産化支援へ

[有料会員限定]

三菱電機は25日、ミャンマーの変圧器最大手アジア・ゼネラル・トランスフォーマー(AGT)と技術提携した。送電用など大型変圧器の量産化を支援する。ミャンマーで三菱電が手掛ける電力インフラ整備にAGT製の変圧器を活用するほか、AGTの生産技術を引き上げ、将来の委託生産も視野に入れる。

AGTは電圧33キロボルト以下の小型変圧器が主力で同国市場のシェアは4割程度。送電用などに需要拡大が見込まれる、同2...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り217文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン