日本交通、動画広告配信の実証実験 博報堂などと連携

2015/9/25付
保存
共有
印刷
その他

日本交通グループは25日、博報堂などと連携しタクシー利用者に動画広告を配信する実証実験を始めた。スマートフォン向け配車アプリ「全国タクシー」の利用者が乗車している間、乗車した場所や時間帯などに合わせて動画広告を配信する。視聴者に次回以降の乗車料金を割り引くクーポンを付与し、利用者の囲い込みにつなげる考えだ。

実証実験の対象エリアは東京23区と三鷹市、武蔵野市。約1600台の日本交通の黒色タクシーに乗客のスマホを検知する小型無線端末を搭載した。

同社は今春にも別の配車アプリで同様の実証実験を行っている。16年中に動画広告配信技術を商用化し、将来は東京都以外の地域にもサービスを広げる考えだ。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]