/

ドローン使い農薬散布 ローソン

■ローソン コメの生産を手がけるグループの特例農業法人と組み、新潟市内の水田でドローン(小型無人機)を使って農薬を散布する実証実験を始めると25日に発表した。ドローン1台を使い、1ヘクタールの水田を対象に8月から実施する。農薬散布は人力なら1時間以上かかるがドローンを使うと約10分に短縮できるという。効果を検証し他の農地での活用も検討する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン