2019年1月23日(水)
速報 > 人事 > 記事

東京エレクトロン社長に河合副社長

2015/11/25 17:45
保存
共有
印刷
その他

河合利樹副社長

河合利樹副社長

東京エレクトロンは25日、河合利樹副社長(52)が2016年1月1日付で社長に就任すると発表した。東哲郎社長(66)は同日付で代表権のない取締役相談役に就く。

東社長は半導体製造装置世界1位の米アプライドマテリアルズとの経営統合を主導したが、米国などで独占禁止法関連の承認が得られず、今年4月、統合を断念した。次期経営陣の体制もアプライドとの統合を前提に検討を進めていたため、再考を迫られた。

6月の株主総会で半導体ウエハーの洗浄装置部門のゼネラルマネジャーだった河合氏を一足飛びに副社長に昇格させる人事を発表。トップ交代のタイミングをうかがっていた。

河合氏は社外を除く11人の取締役の中で入社年次が最も若い。営業の担当が長く、副社長就任以降は東社長とともに社内の組織作りを主導してきた。新体制で業界再編に備える。

半導体製造装置業界では、世界4位の米ラムリサーチが同5位の米KLAテンコールを買収すると発表したばかり。半導体業界でも米インテルが同業の米アルテラを買収するなど、大型の再編が相次いでいる。

河合 利樹氏(かわい・としき) 86年(昭61年)明大経営卒、東京エレクトロン入社。15年から副社長。大阪府出身。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報