JDI、消費電力10万分の1の特殊液晶パネル開発

2015/11/25 19:55
保存
共有
印刷
その他

中小型液晶パネル大手のジャパンディスプレイ(JDI)は25日、消費電力を通常の液晶パネルの10万分の1に抑えた特殊な液晶パネル技術を開発したと発表した。1.28インチの画面で消費電流1マイクロ(マイクロは100万分の1)アンペア以下を実現。単3乾電池2本で3年程度、8色カラーの画像を表示できるという。小売店の電子値札や産業用の計測機器などの用途を見込む。

外光を反射させて画像を表示する「反射型液晶パネル」を改良してさらに消費電力を抑えた。暗い場所では利用できないのが欠点。1.28インチと2.70インチ、4.40インチの3種類をそろえた。2016年1月にサンプル出荷を始め、3月には量産に入る。価格は受注状況に応じて今後詰める。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]