/

タクシーから走行情報収集 トヨタなど実験開始

トヨタ自動車KDDI、東京ハイヤー・タクシー協会は25日、共同で「つながるタクシー」の実証実験を開始したと発表した。東京都内を走る500台のタクシーにドライブレコーダーを搭載し、収集した情報をKDDIの無線ネットワークを使ってデータセンターに送る。収集したデータを活用し、タクシー事業者向けの新サービスの開発などに生かす。

タクシーから収集する情報は、車両の前方画像や位置、速度、急ブレーキや急加速の状況など。これらの情報をもとに、車線ごとの混雑状況を地図上に表示する技術などの開発を目指す。実証実験は12月まで実施する。

トヨタ自動車は通信大手との提携や実証実験を積極化している。2016年6月には、コネクテッドカー(つながる車)向けの通信サービス分野でKDDIとの提携を発表。17年3月には第5世代(5G)通信の活用を含めたコネクテッドカーの研究開発でNTTとの提携を発表している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン