/

この記事は会員限定です

先端技術投資500億円 ソニーや森ビル、ファンド出資

[有料会員限定]

【シリコンバレー=小川義也】ソニーANAホールディングススズキ、森ビルなど10社超の大手企業がベンチャー投資で連合を組む。日米に拠点を置くベンチャー投資・育成会社のWiL(ウィル、カリフォルニア州)が新たに組成する総額500億円規模のファンドに資金を拠出。あらゆるものがネットにつながる「IoT」など先端技術を活用した新事業創出につなげる。

日本企業が主な出資者のベンチャー投資ファンドとしては最大規模になる。4社のほかに、みずほフィナンシャルグループ日産自動車、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り535文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン