/

JTの飲料自販機事業、サントリー食品が買収 1500億円

サントリー食品インターナショナル日本たばこ産業(JT)の飲料自動販売機事業を買収する方針を固めた。取得額は1500億円程度とみられる。JTは飲料製造の撤退をすでに決めており、たばこ事業に経営資源を集中させる。25日夕、両社が記者会見する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン