レクサス、車体にアルミ トヨタが17年から大幅採用

2014/11/26付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

トヨタ自動車は2017年から車体へのアルミニウムの採用を増やす。高級車を中心にボンネットやバンパー、ドアなどの素材を切り替える。車体重量は最大で100キログラム減る見込み。軽量化でガソリンの使用量を抑え、燃費性能を上げる。米フォード・モーターなどもアルミの採用を進めており、鉄主体の自動車づくりが変わる可能性がある。

高級車「レクサス」のモデルチェンジに合わせてボンネットやバンパー、ドア、「フェン…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]