/

米ツイッター300人リストラか 現地報道、身売り交渉頓挫で

ツイッターが従業員の約8%にあたる約300人の削減を検討していることが24日(米国時間)、明らかになった。米メディアが相次ぎ報じた。業績の伸び悩みから、他社への身売りを目指していたが、今月に入って有力な買い手がなくなり、交渉が頓挫。経営立て直しのためのリストラを迫られた。

人員削減の計画は、27日の2016年7~9月期決算の発表に合わせて公表するとみられる。ツイッターは新規利用者や売上高の伸びが鈍化しているうえ、広告収入につながるサービス開発が遅れている。事業規模で米国に次ぐ日本市場では好調なものの、米フェイスブックなどのライバルとは差が広がっている。15年にも従業員の8%を一時解雇したことがある。

ツイッターの身売りをめぐっては、米グーグルや米ウォルト・ディズニー、米セールスフォース・ドットコムなどが関心を示していたと報じられた。しかし、10月中旬には米顧客情報管理(CRM)大手のセールスフォース・ドットコムが買収を断念したことが伝わり、主な買い手候補がいなくなっていた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン