/

この記事は会員限定です

伊藤忠、ヤナセを子会社化 TOBで7月にも

[有料会員限定]

伊藤忠商事は輸入車販売最大手のヤナセを子会社化する。TOB(株式公開買い付け)を実施し、出資比率を現在の39.4%から6割程度に高める見通し。投資額は数十億円。国内の輸入車販売は比較的低価格の車種が増えて好調が続いている。伊藤忠はヤナセの海外展開など事業拡大を支援することで自動車関連事業の底上げを図る。

伊藤忠は近くヤナセ株の買い付けを始める。買い付け期間は約1カ月で、7月にも子会社化したい考えだ。

ヤナセは...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り626文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン