/

この記事は会員限定です

日本ハム、米国に30年ぶり新工場 加工食品生産、3倍弱に

[有料会員限定]

日本ハムは2018年9月をめどに、米中部にフライドチキンなど加工食品の工場を建設する。投資額は50億円程度の見通し。米国本土での新工場稼働は30年ぶりで、西部にある既存工場を含めた米国内の加工食品生産量を3倍弱に高める。米国は人口増で食品市場の成長が見込まれる。営業拠点も充実させて、ニューヨークなど東部の開拓を進める。

米中南部にあるテキサス州の大型工業団地内で6万5千平方メートルの土地を確保し、延べ床面...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り834文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン