2019年7月21日(日)

産学連携、実用にシフト 企業から研究費12.9%増
本社、学長アンケート

2014/9/26付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

研究開発の分野で企業と大学の産学連携が基礎研究から実用分野にシフトしている。京都大学は塩野義製薬とアルツハイマー病治療薬の開発を進めているほか、名古屋大学はトヨタ自動車と2020年をメドに炭素繊維の量産車作りを目指す。実用化の研究に大学が関わることで早期の製品化や開発の効率化が見込め、企業から大学への研究資金提供も増加傾向にある。

日本経済新聞社が25日にまとめた学長アンケートで、有力な149校…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。