/

この記事は会員限定です

産学連携、実用にシフト 企業から研究費12.9%増

本社、学長アンケート

[有料会員限定]

研究開発の分野で企業と大学の産学連携が基礎研究から実用分野にシフトしている。京都大学は塩野義製薬とアルツハイマー病治療薬の開発を進めているほか、名古屋大学はトヨタ自動車と2020年をメドに炭素繊維の量産車作りを目指す。実用化の研究に大学が関わることで早期の製品化や開発の効率化が見込め、企業から大学への研究資金提供も増加傾向にある。

共同研究資金を獲得した上位10大学
2013年度
実績
14年度
見込み
京都大学44925121
東京大学39...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り874文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン