/

この記事は会員限定です

「アップルウオッチ」あえて地味なデビュー選択

販路選別、高級感前面に

[有料会員限定]

米アップルの腕時計型ウエアラブル端末「アップルウオッチ」の販売が24日始まった。スマートフォン(スマホ)「iPhone」の新製品発売日にはつきものだった店頭の人だかりや長い行列は影を潜めた。アップルはウオッチを取り扱う家電量販店の数を全国で20店あまりに絞り込むなど、あえて地味な滑り出しを選んだ。

「製品発表の時からずっと待っていた。やっと手に入った」。同日午前、伊勢丹新宿本店(東京・新宿)でアッ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1305文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン