/

この記事は会員限定です

明治や森永製菓、スポーツ栄養食品に力 五輪にらむ

[有料会員限定]

食品大手がスポーツ向け栄養食品の販売に力を入れている。日常的に運動をする人が増えており、東京五輪に向けて需要が盛り上がると期待する。明治や森永製菓はスポーツ用品店からコンビニエンスストアなどへ販路も広げて、幅広い消費者を取り込む考えだ。

明治は本格的な運動をする人に人気のプロテインのブランド「ザバス」から、一般消費者向けの商品を2016年度までに発売する。現在はほぼスポーツ用品店やドラッグストア...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り617文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン