/

ダイドー、トルコの飲料3子会社を買収 133億円で

ダイドードリンコは24日、トルコの食品最大手のユルドゥズ・ホールディングから飲料製造子会社3社を買収すると発表した。2016年2月ごろまでに3社の株式をそれぞれ90%取得する。買収総額は約133億円。ユルドゥズとは販売面で連携し、コーヒー飲料などの投入を検討、成長が見込めるトルコ市場を開拓する。

買収する3社は炭酸飲料やフルーツ飲料など8つの飲料ブランドを製造しており、14年12月期の合計売上高は約131億円。ユルドゥズには引き続き3社の株式を保有してもらい、同社の販売網と人員の一部も譲り受ける予定だ。

同日大阪市内で記者会見した高松富也社長は「将来はコーヒーや紅茶、エナジードリンクなども現地で製造したい」と話した。

ユルドゥズはトルコ最大の食品メーカーで、ベルギーのチョコレート会社のゴディバなどを買収してきた。ダイドーによると売上高は約1兆円という。

ダイドーは国内市場が伸び悩む中、海外事業を強化している。今秋にもマレーシアの食品大手マミー・ダブルデッカーの飲料事業部門に資本参加する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン