/

米S&P、東芝を1段階格下げ

米格付け会社のS&Pグローバルは24日、東芝の長期会社格付けを「トリプルCプラス」へ1段階引き下げたと発表した。さらなる格下げの可能性がある「クレジット・ウオッチ」も継続する。S&Pは昨年末に格下げしたばかりだが、米原子力事業で発生する損失が巨額となる可能性が強くなっており、自己資本の大幅な毀損が不可避とみている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン