/

この記事は会員限定です

家庭の省エネ、無線で制御 日米欧60社が統一規格

[有料会員限定]

東芝やパナソニック、米シスコシステムズなど日米欧の約60社が家庭の省エネのためエアコンや太陽光発電システム、蓄電池などを無線で制御する統一規格をまとめた。2015年度にも各社が対応機器を発売する。夜間の安い電力の有効活用などで、電力代は2割あまり下がる見通しだ。無線でやりとりするため、既存住宅でも各種機器に導入しやすくなる。

割安な電力を使い、効率よく各種機器を動かす仕組みはあったが、有線が前提で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り717文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン