/

この記事は会員限定です

モービルアイ、夜でも歩行者認識 運転支援装置 19年にも

[有料会員限定]

米インテル傘下で画像認識用半導体などを手がけるモービルアイ(イスラエル)は、次世代型チップを搭載した後付け運転支援装置を2019年にも市場に投入する。夜間でも歩行者や道路標識を認識できるようになる。衝突や事故の危険があれば運転者に通知するため、安全性が高まる。商用車での利用が中心となる見込み。

同社が展開する自動運転用の地図データベースとも連動し、車が走行した道路情報などをネットを介して吸い上げる...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り274文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン