/

この記事は会員限定です

シェアリングでつばぜり合い 希薄な日本企業の存在感

[有料会員限定]

アジアでシェアエコノミー競争が過熱するなか、日本企業は取り残されている。背景には厳しい規制がある。日本でライドシェア(相乗り)は実現の見通しが立たず、民泊では法整備前から地盤を固めた米中勢が先行している。国内勢は日本市場でのシェア獲得にも苦しんでおり、海外展開まで手が回らないのが現状だ。

有償運送のライドシェアは日本で「白タク」に当たるとして原則認められていない。米ウーバーテクノロジーズのサービス...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り369文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン