シェアリングでつばぜり合い 希薄な日本企業の存在感

2017/7/24 23:24
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

アジアでシェアエコノミー競争が過熱するなか、日本企業は取り残されている。背景には厳しい規制がある。日本でライドシェア(相乗り)は実現の見通しが立たず、民泊では法整備前から地盤を固めた米中勢が先行している。国内勢は日本市場でのシェア獲得にも苦しんでおり、海外展開まで手が回らないのが現状だ。

有償運送のライドシェアは日本で「白タク」に当たるとして原則認められていない。米ウーバーテクノロジーズのサービ…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]