/

この記事は会員限定です

オリックス、宮内氏に44億円の「功労金」

[有料会員限定]

オリックスが、昨年6月まで経営トップを33年あまりつとめた宮内義彦シニア・チェアマンに功労金として44億円を支払ったことがわかった。役員退職慰労金にあたる株式報酬も合わせると約55億円に上る見通しだ。オリックスでは在任中に企業価値を大きく高めた功績を評価、日本企業では異例の高額となった。

宮内氏は創業メンバーの一人で、設立母体となった日綿実業(現双日)から転籍して同社の成長をけん引した。米国で学ん...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り250文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン