/

この記事は会員限定です

Jリーグ、集客にビッグデータ NTTやヤフーと提携

[有料会員限定]

サッカーのJリーグはNTTグループやヤフー、楽天などIT(情報技術)関連の大手6社とビッグデータ分析で提携した。サポーターがスタジアムで観戦する頻度や年齢などを分析するシステムを2019年までに構築し、クーポン配布などによる観客開拓に生かす。年間900万人超の観客データを取り込み、伸び悩む集客をテコ入れする。ビッグデータの活用が製造業や小売業に続き、スポーツビジネスでも出てきた。

提携したのはNTTグループ、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り957文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン