/

サンリオ、大分のテーマパークに屋根

サンリオは24日、子会社が運営する屋外型テーマパーク「ハーモニーランド」(大分県日出町)で、パレードエリアに屋根を新設すると発表した。設備投資額として5億円を投じる。このエリアは集客の目玉のパレードが開かれている。屋根付きの全天候型にすることで収益を安定させる。

屋根の増設面積は1200平方メートル。エリア中心部のステージも改装し、上下可動式にする。屋根の縁にはサンリオの人気キャラクター、ハローキティをモチーフにしたピンク色のリボンをあしらう。昨年度はパレードを予定した300日のうち、30日ほどが雨など天候不良で中止になった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン