イオン、日本版ブラックフライデー 2万店で
米の最大商戦を「輸入」

2016/10/24 19:43
保存
共有
印刷
その他

イオンは24日、米国で最大の商戦とされる「ブラックフライデー」の名前を冠したセールを初めて開催すると発表した。11月25日の金曜日から3日間、全国の総合スーパー(GMS)やショッピングセンター(SC)内の店舗など2万店強で、通常より価格を下げる目玉商品を数多く販売する。景気の先行き懸念が強まる中、大規模セールで消費の喚起を狙う。

イオンは消費喚起を狙う

イオンは消費喚起を狙う

セールでの詳しい対象品目数や割引率は決まっていないが、プレゼント需要を見込んだ家庭用ゲーム機や、家電製品などが対象になると見込まれる。半額程度になる商品もあるもよう。またインターネット通販でも、11月25日から30日まで一斉セールを開催する。

ブラックフライデーは米国で定着している年末商戦。昨年、韓国が政府主導で同様の一斉セールを取り入れた。日本でも政府や経団連が導入を検討してきた経緯があり、経済産業省と経団連などは来年2月末から、月末の金曜日に消費喚起運動「プレミアムフライデー」を始める。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]