/

この記事は会員限定です

国税、サッポロビールの異議認めず 「極ゼロ」問題

[有料会員限定]

ビール系飲料「極ゼロ」を巡り、サッポロビールが自主納付した酒税115億円の返還を求めていた問題で、国税当局は24日までにサッポロ側の異議申し立てを棄却すると通知した。同社は極ゼロが税率の低い「第三のビールとしての確証を得た」として一旦納付した酒税の返還を1月に求めたが、国税が拒否。この判断を不服としたサッポロが再度返還を求めていた。

国税側が再びサッポロの主張を認めなかったことで、酒税を巡る両者...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り417文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン